忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

邪魔したことも許してあげるし弁償なんかもしなくて良いから

2018.07.04 (Wed) Category : 人を信じすぎる人へ

49:名無しさん@おーぷん:2018/04/19(木)08:43:39ID:rZa
人ん家の生け垣に車で突っ込んでぐちゃぐちゃにしておいてまったく悪いと思ってないヤツがいた

バキバキバキバキってすごい音がして家から飛び出したら車が思い切り生け垣に突っ込んでた
そのままバックで脱出したんで表の道路まで出たら
「ああ、大丈夫、大丈夫、この程度のキズならどうってことないから」
とニコニコした運転手が答えた
「こんなぐちゃぐちゃにして何言ってんだふざけんな」
って言っても
「元々キズだらけだし、修理代とか気にしなくて良いから」
とにこやかに走り去ろうとしやがった

走って追いかけて十字路の前で停止したところで前に回って通せんぼしたんだが弁償なんかしなくて良いからさっさとどいてくれとお怒りモード
こっちが怒ってるんだよ

で、近所の人が通報してくれてて警察がやってきたんだけど警察官相手にも同じこと言っててまったく話が通じないの
「邪魔したことも許してあげるし弁償なんかもしなくて良いから」
って完全に自分が被害者かのように振る舞ってた

かなり長時間の問答の末にようやく話が通じたんだがその時も
「ええええぇぇぇ!俺が弁償!?そっちが車の修理代払うって事じゃなくて!?ええ?どういう事?!」
って叫んでた
この時点でようやく自分が責められてることに気が付いたと言う状態

そこからさらに延々と話が続いてやっと生け垣を壊したから弁償しなきゃいけないという事まで理解してくれたんだが
「じゃあ、生け垣の修理費は出すからそっちは車の修理費を出してよね さっきはいらないって言ったけどそっちがそんな事を言うんだったら容赦しないからね」
と、結局わかってなかったんかい!って事になった

最終的には全額払ってもらったんだけどものすごい揉めた
もう本当に神経わからんだったよ



50:名無しさん@おーぷん:2018/04/19(木)08:48:49ID:74F
>>49
人跳ねてててもそう言うのかな、こえー。



51:名無しさん@おーぷん:2018/04/19(木)09:36:25ID:qbn
>>49
災難でしたね…
生け垣が車に突っ込んだ訳じゃないのにスレタイすぎる



52:名無しさん@おーぷん:2018/04/19(木)10:35:27ID:d2M
>>49
そいつ、サイコパスか何かかな?
人頃しても同じこと言うんだろうな



引用元:その神経がわからん!その41
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1523848170/49-52




.



拍手[0回]

PR

A子さんいますか?

2018.07.04 (Wed) Category : 人を信じすぎる人へ

663:sage:2016/04/09(土)17:08:44ID:oMN
巻き込まれた衝撃体験。長くなります。

私は病院の事務職で当直もするんだけど、その日も当直でいつものように電話対応とかしてた。
そこに
「A子さんいますか?」
と職場内のA子を呼ぶ電話が。
以前よりA子から元彼よりストーカーを受けており職場ばれしていて何度か職場内に電話がきたり怖くて精神的に参ってしまい夜も眠れず遅刻、欠勤が増えているという話を聞いていたためすぐにピーンときた。

名前、要件を聞くが
「叔父です。お金を貸しているので早急に電話を取り次いで下さい」
と名前を言わない。
その時点ですごく怪しい。

私用であれば直接本人に電話してほしいこと、名前を聞けないと要件を伝えれないことをやんわり伝えるがなかなか引いてくれず。
10分ほど押し問答し、ようやく名前を聞き出しB男と名乗ったためA子に確認するがそんな人は知らないとの事で繋がず。

繋げないと何度も切るが何度も何度もかかってくる。
会社の電話なので出ない訳にもいかず何度も対応。
相手がだんだん怒ってきており口調が荒くなる。
なぜかA子の勤務時間を知っており出入りしていたところを見ていた様子。
つまり会社の周りにいるということであり私ガクブル。

この時点で私1人では対応できないと判断し上司に連絡。
すぐに来てくれるとのことで少しホッとするが、この時点でずっと電話鳴りっぱなし。
夜の1人っきりの事務職で電話が一斉に鳴ってるのってすごい恐怖。
相手がヒートアップし会社に乗り込むぞと言われた時点で警察にも連絡。

会社の壁ほとんど鏡張りで割られて入られたらどうしようと私パニックで何かあった時のために傘をもって待機。10分ほど待機すると警察、上司到着。
なぜかパタリと電話も鳴り止む。事情聴取を受けて安心感から私号泣。
A子も降りてきて事情聴取。
1年前ほどからB男からは被害にあってるとのこと。

事情聴取中にA子の携帯に非通知から何度も電話が。怖くて震えるA子。
警察が上司としてA子の電話に出てもいいとのことで上司が変わりに非通知の対応すると
「本人を早く出せ」
と相当ご立腹。

こちらに来て話をしましょうと上司が言うと
「近くに居るから今すぐに向かう!!」
と啖呵をきられ皆で会社の前に向かうと本当にB男がいた!!上司が捕まえ警察に突き出す。

長いので一旦切ります



664:名無しさん@おーぷん:2016/04/09(土)17:14:24ID:oMN
ヒステリックにA子を出せ!金を返せと叫んでおり警察がさらに倍増。
俺はお金を返してもらいにきただけだと話は平行線であり埒があかず双方から事情聴取する事になる。

私はA子に付き添い話を聞いていると、どうも話がおかしい。
非通知からかかってきているのは何故かと言う質問に昨日つけられ、無理矢理携帯を奪われデータを取られた。たまに怖くて電話に出てしまう。頭が??になる内容。

話を要約すると以前よりたまに連絡を取り合っていた様子でありA子からも連絡を入れてたっぽい事実も発覚。

ここまで書いたらお気付きの人もいるかもしれないが、実際はA子の虚言であった。
お金が欲しくなったら連絡、無視を繰り返していたそうだ。
B男とA子の間には1度子供ができ降ろしておりその事を理由に何度もお金を借りていたそうで150万ほどの借りがあったそうな。

その150万借りて何に使っていたかというと、、なんとホスト遊び。
怖くて眠れず遅刻も全て嘘であり私たちに今まで話していたストーカーの話も全て嘘。
警察にキツイお叱りを受けていた。
ただB男も付きまといは本当にしていたそうだがお金の貸し借りがあったということでグレーゾーンなんだって。

お金を貸していたからといって会社に変な電話かけてきたりB男も頭おかしいし、A子の嘘にも衝撃だった。A子が職場を飛んだので書いてみました。

後日談といってはなんだけど、上司に聞いた話なんだけどA子に子供が出来た時彼氏が会社に挨拶に来たんだけどB男じゃなかったんだって。
じゃあB男は誰?って話になるんだけど結局何が本当か嘘か最後まで分からずじまいでもやもやする終わり方で申し訳ない。

初投稿で変な部分が沢山あったと思うのですが読んでくれてありがとうございました。



665:名無しさん@おーぷん:2016/04/09(土)17:16:58ID:2F3
本当にただ厄介事に巻き込まれただけだね…
はた迷惑な



666:663:2016/04/09(土)17:31:22ID:oMN
本当に迷惑でした。
当の本人たちは結局謝罪もせず帰っていきましたw
ざっと書きましたが6時間ほど拘束され心身ともにへとへとでした



667:名無しさん@おーぷん:2016/04/09(土)21:24:15ID:EhO
A子は、クビにならんの?



668:663:2016/04/09(土)21:59:43ID:oMN
ならなかったんです。
迷惑をかけた分ケジメとして頑張ってくれといった感じでした。

何日か休みを取らせてから再び出勤してきたのですかその時にはみんなに迷惑をかけたのだからと謝罪させたのですが、その翌日に飛びました。
普通に考えて、出勤できる根性もすごいですよね。



669:名無しさん@おーぷん:2016/04/09(土)22:10:12ID:EhO
>謝罪させたのですが、その翌日に飛びました。
謝罪の翌日、無断退職したと言うこと?
やさしい会社なんだろうけど、同僚のみなさんはたまらんですねえ



670:663:2016/04/10(日)09:05:45ID:FUf
そうです分かりにくくてすいません。
騒動前は物凄く遅刻欠勤が増えていたため正直いた方がしんどかったかもしれません。
ただ急に人が減ったもんで周りが物凄く被害被りました。



671:名無しさん@おーぷん:2016/04/10(日)10:14:33ID:xeF
会社はクビ切りたくないから、いたたまれずに自ら飛んでくれるのを期待したんじゃね?




引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その12
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1456662245/663-671




.



拍手[0回]

全く意味がわかりません(13)

2018.07.04 (Wed) Category : 人を信じすぎる人へ

107:本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木)11:44:18ID:1P5uaqIV0
オム■ンの研究機関に居る姉の後輩が遭遇した実話。後輩の勤め先は○和重工。
猫は子規が近づくと去り行くという都市伝説を検証すべく、趣味で老猫やケージを買い集め、勤め先のソナー計器の設備まで私用した。

行動の自由を制限した猫の氏は普通に確認できた。
しかし、GPS機能のついた電子錠付きの足輪を着けた猫と何も着けずにソナーで付回した猫に異変。
電子錠の動きが停止した場所に、その電子錠以外の残骸も痕跡も無し。ソナーで捕捉していたものは、前方から溶けるようにロスト。(←これだよ)


これを科学的に解説できる方いたら是非どうぞ。姉の後輩も、近飢&職場の便所によくいく中の下みたいな男になるばかりで、
猫の謎は解けません。姉も、「どこかの牝猫の胎内に行ったんだよ」とかわけのわからん慰撫を電話でしてます。

惣菜パン野郎の職場カーストはともかく、猫研究結果の真相を求めます。アンチエイジングのヒントがうずもれてるやもしれんし。
この分野はアンデッドOKの猛者でも怯えるほどだから、皆もエニグマ・空間系が恐いのはわかるが、頼む。



108:本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木)11:49:26ID:LHK6g/ec0
正岡子規?



109:本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木)12:20:09ID:iYHeyAWV0
不可解な文章が、やけに恐怖感を煽るな…。



110:本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木)12:30:10ID:BVnS2+pL0
惣菜パン野郎の職場カースト…



112:本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木)15:23:08ID:PG2OTqcF0
>>107を訳すると

猫の「死期が近づくと人の前から姿を消す」という都市伝説を検証する為に
・行動を制限された猫のグループ
・GPSが備わった電子錠付きの足輪を足に付けられたが、行動は制限されない猫のグループ
・足輪も付けず、行動も制限されないが、ソナーで常に行動を監視される猫のグループ
と3グループに分けた。

1番上のグループに関しては何の異変もなく死を確認出来た。
だが、下2つのグループに関しては異変があった。

足輪のグループに関してはGPS反応が停止した場所へ確認に行くと、足輪だけが落ちており、猫の姿は確認出来なかった。
ソナーで監視していたグループに関しては、ソナー反応が猫の前方から徐々に無くなっていき、ついには反応が消えてしまった。

この研究に携わった人間は未熟であるため、下二つのグループに関しての異変の原因解明が出来ていません。


ってとこでしょうか。

ここで明らかにしなければいけないのが
・足輪が勝手に外れない確率は0%であるか。
・ソナーで監視というのは本当に常時であるのか。また「前方から消えていくように」というのがわかるほどに高性能なものであるのか。
・ソナーの誤作動ではないという確率は0%であるか。
・足輪、ソナーに属した猫全てがそのような異変がある消え方をしたのか
・全体のサンプル数はどれほどなのか
これらの疑問に対しての答えによっては「それじゃデータとして扱えない」から「かなりオカルト!!」まで変化しますよね。



117:本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木)20:31:42ID:8mTElQ4N0
>>112
ナイス翻訳。



118:本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金)03:33:53ID:l9zweZKu0
「近飢&職場の便所によくいく中の下みたいな男」が気になる



119:本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金)07:51:13ID:FbuC9i7U0
気体中の固体で、しかも猫みたいに小さいものを細くできるソナーなんて実用化されてるの?
この実験の要旨からすればソナーなんてあやふやなもの使わないで監視カメラつけてた方がずっと適切で安上がりだと思うんだが



122:本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金)11:24:16ID:IBrLB/Ug0
>>119
この時代にそんなことしたら、間違いなく盗撮犯にされてしまうでしょう。



123:本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金)12:28:23ID:mimMNLdY0
ソナー?



引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part38
https://hobby9.5ch.net/test/read.cgi/occult/1174661155/107-123









拍手[0回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[07/15 NONAME]
[07/15 ドラスタ娘]
[07/15 ドラスタ娘]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ