忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


R城ハウス

424 名前:⑦⑦⑦ 2017/06/18 (Sun) 20:33:14
やっぱ茨城の竜宮城ハウスだろ。

ジイさんが一人で住んでる家なんだけど、自宅を竜宮城みたいに改造してるんだよ。
近所に「竜宮城、この先→」みたいな立て札まで立てて。
家をジイさん独自に改築しまくっててヘタな乙姫の絵とかが壁に書いてあったり入り口に何故か炊飯器が置いてあったりしてもう滅茶苦茶。
ジイさんもブッ飛んだキャラ。ある意味最高に面白い。
この「ある意味オモシロイ」が話題になって街の名物ジイさんとして探偵ナイトスクープや特ホウ王国にも実際「竜宮城」が紹介された事あるんだけど。

そのジイさんが死んで家を片す事になってからが恐怖。
壁からバアさんの白骨死体が出てきたんだよ。何年も前に殺して壁に埋め込んだらしい。
つまり、壁に埋めたバアさんの死体ある部屋を臭気を消して外界から隔離する部屋にするために家を奇怪にしてカモフラージュしてたんだと。
辻褄合わせるためにずっとキ○ガイのフリをしたって事。

どっかに竜宮城の写真を載せたサイトがあった。なんとも言えない寒気がしたよ。

(※⑦⑦⑦さんからの投稿です。ありがとうございました。)

※管理人注:因みに、竜宮城ハウスはすでに取り壊されているとのこと。
参考サイト
(閉鎖)都市伝説か珍スポットか「R宮城」(読者レポート)【茨城】
http://bqspot.com/kanto/ibaraki/214

3.11以降、さらなる老朽化をみせる伝説の珍スポット『龍宮城』の今を訪ねて(茨城県)
http://tocana.jp/2016/03/post_9031_entry.html





.




拍手[0回]

PR



国からやばい書類届いたぞwwwwwwwwwwwwwww

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:40:45.256ID:btqJXpml0.net
なんぞ?これ?




2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:41:20.560ID:wYHheHhpa.net




5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:42:03.302ID:btqJXpml0.net
ちなフリーター



8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:42:36.031ID:btqJXpml0.net
なんぞ、これ?



9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:43:13.663ID:btqJXpml0.net
こうゆうの詳しいヤシおる?



10:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:43:21.777ID:mlOSB2K/0.net
なんぞって
書いてあるじゃねえか



13:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:44:05.169ID:aM2doCiB0.net
日本語読めないの?



14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:44:25.219ID:btqJXpml0.net
これどうすればええの?



19:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:45:19.462ID:aM2doCiB0.net
>>14
お問い合わせ先は裏面をご覧ください



18:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:45:19.127ID:17e2Wkce0.net
>>14
お前何歳なの?



21:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:46:05.021ID:btqJXpml0.net
>>18
29歳や



28:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:48:08.409ID:17e2Wkce0.net
>>21
もしかしたら年金も払ってないんじゃないの?



32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:49:30.424ID:btqJXpml0.net
>>28
年金…?なんやそれ



15:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:44:51.416ID:btqJXpml0.net
いきなり24万円なんて払えんぞ?



34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:49:35.592ID:2qPgTgIM0.net
>>15
滞納してっからだバカ
無視すると差し押さえされるぞ



16:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:44:54.025ID:wRwpDI000.net
大田区っていつから国になったんだよ



17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:45:04.256ID:JG4pFfeja.net
国からじゃないだろ
区からだろ



20:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:45:32.801ID:2qPgTgIM0.net
開けろ
そして税金払え



23:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/06/13(火)21:47:12.637ID:ie8ZVFF+0.net
29歳で住民税知らないとかありえねぇだろ・・・



(続きは『続きを読む』をクリック)








拍手[0回]




続きを読む

職場の新人女に飲み会で酒無理矢理飲ませたらやばいことになった

1:名無しさん@おーぷん:2017/06/14(水)20:45:42ID:HtE(主)
ほんとに無理ですお腹痛いんで無理ですって言われたけど、嘘ついてるんだと思って思い切りグラス持って全部流し込んだんだ
そしたらトイレ行ってくるって言って、トイレから出てこなかった
しばらくして他の子が様子見に行ったら気絶してて、救急車呼ぶことになった。
俺が無理矢理飲ませたからってことで同伴、俺だけじゃ不安だからって女の子2人同伴
新人女が病室で意識戻ったから、親御さんか誰か呼ぶか聞いたら、近所に彼氏住んでるからって言われて女の子がスマホ借りて呼んでた。
そんで彼氏来たんだけど、もうめちゃくちゃ怖いの
なんでこんなおとなしそうな子がこんなでかい男と付き合ってんのってくらい、
で、いきなり
「酒飲ませたん誰?」
開口一番これ



2:名無しさん@おーぷん:2017/06/14(水)20:46:17ID:rnR
殺人未遂かな



4:名無しさん@おーぷん:2017/06/14(水)20:46:38ID:HtE(主)
俺ですって言ったら
「こいつ酒飲めないって言っとらんかった?」
って、いや聞いてないですって言ったら
「嘘つくなよ」
「こいつ酒絶対自分から飲みたがらない」
とか色々言われた



7:名無しさん@おーぷん:2017/06/14(水)20:46:43ID:pEk
アルカスは死ねよ



10:名無しさん@おーぷん:2017/06/14(水)20:47:26ID:fp9
傷害で逮捕や



11:名無しさん@おーぷん:2017/06/14(水)20:47:31ID:HtE(主)
「部下だからってしていいことと悪いことわからんのか?」
て言われた、
「歳いくつだよ」
って聞かれたから29ですって答えたら
「俺より歳上かよアホじゃねえの」
って言われた



12:名無しさん@おーぷん:2017/06/14(水)20:47:47ID:uLM
これ普通に傷害罪



13:名無しさん@おーぷん:2017/06/14(水)20:47:59ID:pEk
嘘ついてて笑う
どこまでくずだよ

(続きは『続きを読む』をクリック)









拍手[0回]




続きを読む

民俗学的な話

266:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/06/13(火)01:40:38.99ID:dYa8mnHu0.net
地元青森の地方出版社が出した本に載ってた話。

昔津軽地方で飢饉があって、大勢の人が餓死した。
ある女も食べものを求めて放浪していた。ある日、しばらく嗅がなかった飯の炊ける匂いに誘われ歩いていくと、そこにあったのは大きな屋敷であった。
女は少しでも恵んでもらおうと家に入ったが、誰もいないので悪いことと知りながら飯を勝手に数口食べてしまった。そこへ家の主人が現れた。

主人も米の蓄えはあったものの、決して容易に人に施すほど持ってはいなかった。
主人は激怒し、竹槍で女の喉を突いた。女は死に際に
「確かに飯を盗み食いした私も悪いが、何も殺すことはないではないか。私は死ぬが、お前を末代まで祟ってやる」
と言い残した。

これだけならよくある話だが、ちょっと怖かったのはその後の記述。
「この家はまだF町(平成の大合併以前に合った町)で続いているが、代々不具者しか生まれなかった。筆者もその家を取材したが、現在の当主は生まれつき毛髪がなく、次男も生まれついての盲目だった。家系図を見せてもらったが、健常者は一人もいなかった(大意)」
だって。出版年を見るに、昭和40年代でもまだ祟りは続いてたんだな。



267:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/06/13(火)01:49:58.50ID:31wh2ImZ0.net
そこまですごいとその飢饉で亡くなったほかの人たちの無念さも合わさってそうだね



269:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/06/13(火)02:28:27.70ID:vMyU4oswO.net
>>266
F町ってのは藤崎のことかな?あそこはなくなってないよ。
しかし、戦後もとうに過ぎた昭和40年代にもまだ続いてるとはね。
今もその家は存続してるんだろうか。



273:266@\(^o^)/[sage]2017/06/13(火)08:34:07.08ID:dYa8mnHu0.net
>>269
あれ、合併されてなかったんだ。もう青森離れて20年たつからなあ。
町村は大体合併されてもんだと思ってた。



272:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/06/13(火)04:36:22.83ID:EUvS4SP00.net
>>266
喉突かれても喋れるものなんだな
盲目はアレだがハゲなだけなら問題ないんじゃね?



273:266@\(^o^)/[sage]2017/06/13(火)08:34:07.08ID:dYa8mnHu0.net
>>272
>喉突かれても喋れるものなんだな
俺もそれ気になったが、本文でもそう書いてたし怖い挿絵もそう描写してたからそのまま書いた



274:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/06/13(火)10:28:09.30ID:14Tv9XBW0.net
>>272
作り話にそんな突っ込みしてもしゃーないやん



278:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/06/13(火)12:34:14.05ID:9lCrXNRHO.net
有り余って腐る程の食糧があっても施さなかった、なら祟られても仕方ないが人に施す程は無くて、盗み食いされたら家族が飢えると思ったら家族を守る為に咄嗟に殺してしまう事もあるかもしれない
飢饉の非常時だし平静時の判断能力とは違うだろうしな
それで祟るって酷い話
家族を餓えさせない為に備えた努力を、赤の他人に無条件に施す謂れはないし



279:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/06/13(火)12:44:55.86ID:IYdSzIIp0.net
先祖がこういうことをしたからあの家はこうなった・・・
というのは村のような閉鎖社会で差別をするための方便みたいなもんだった



280:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/06/13(火)12:45:55.22ID:IYdSzIIp0.net
先祖が旅の坊さんを殺したから、あの家では患者が出るとか



281:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/06/13(火)12:56:53.78ID:IYdSzIIp0.net
もちろんその逆のパターンのほうが多くて、民俗学では富貴伝説とか長者伝説という
あの家が富み栄えているのは先祖が旅の僧を厚くもてなしたからとか
なんとかの神様のご縁を得たからとか
迷い家にしのび入って米の出る食器を持ってきたから・・・とか



287:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/06/13(火)22:17:44.65ID:bijARn/20.net
>>281
そういうのってやっぱ昔から脈々と受け継がれている信仰が元ネタなんだろうね
いわゆる因果応報とかな



引用元:ほんのりと怖い話スレ 124
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1495421706/266-287




.




拍手[0回]




「狐憑き」という噂の転校生の母親

209:1/3@\(^o^)/[sage]2017/06/10(土)18:14:25.11ID:DnpRjUgB0.net
三十年以上前の田舎に住んでいた頃の話。
俺が生まれ育ったのは田舎の漁師町で、数年前に市町村合併があるまでは「村」だったし地名にも「字(あざ)」とかが普通にあったようなド田舎だった。

三十数年前、俺がまだ8歳の頃だったと思う。
うちの学校にちょっと毛色の変わったのが転校してきた。
もともと転校生自体がほとんどいなかった。
いたとしても、誰某の親戚の子が戻ってきたとかで、親戚みたいなもんだった。

その子は信じられないくらい色白の女の子で背が高い割にいつもうつむいて話しかけても頷いたり首をふったりするだけで、言葉を発しない子だった。
何か問題があるのか、他人との交流を避けていたのか、よくわからない。
漁師町だったし、今のように紫外線がー日焼けがーなんて言われない時代だったので男女問わずみんな外で遊んで、学校が終わると当たり前のように海に遊びにいったり、親の船にのって漁を手伝ったり、素潜りしてとった貝や魚をそこら辺で焼いて食ったりしてたのでがっつり日焼けしている中、その色白の子は物凄く浮いていた。

イジメとかがあったわけじゃないけれど、彼女も輪の中に入ろうとせず、こちらもどう扱っていいのかわからず、という感じだった。

しばらくして、その転校生の母親が「狐憑き」という噂を聞いた。
誰が言い出したのかもわからないけど、知らない間にそれはさも事実のように言われていてその娘もさらに周囲から孤立していった。
俺たちも頭のどこかで
「胡散臭い」
「狐つきなんてねーよ」
と思いながらも、どこかで怖いと思っていた。



210:2/3@\(^o^)/[sage]2017/06/10(土)18:15:04.61ID:DnpRjUgB0.net
ある日、俺はペットの亀のために、一人で寺の壁に張り付いている苔をとっていた。
ふと見ると、寺の前の道を背の高い色の白い日傘をさした女性が通った。
一目であの転校生の母親だ、とわかった。
うちの近隣に住んでるおばちゃんは皆色黒でどこか垢抜けない「田舎のオバチャン」だらけだったから。

一瞬しか顔は見えなかったけれど、瓜実顔というのかな?
そこら辺にいる田舎のオバチャンとは違う都会美人に見えて、ちょっとときめいた。

でも、次の瞬間、その女性が突然持っていた鞄と日傘ををまるでゴミでも捨てるかのようにポイッと放り投げた。
すると、女性の上半身がゆーらゆーら大きく何度か左右に揺れだして、ピタリと止まった。
突然、かがんで溝(当時は下水道がなかったので生活排水を流す溝があった)を覗き込んだ。

長い髪が汚い溝の水につかり、おばさんが顔をあげたときには、白い服の上半分くらいが汚い緑のような黒いような色にそまっていた。
さらに、道の向こうの家の前にあった植木鉢を突然なぎ払い、蹴り飛ばし、踏みつけた。
「ギアーーーーー!!!」
と大声を上げたかと思うと、腰を低くかがめたお婆さんのような恰好で走り出し、角の郵便局を曲がっていった。

俺は一瞬焦った。
郵便局の角を曲がった先は、まっすぐいくと川のほうにでてそこから先は山しかないがその手前の細い道を入るとウチがあって、まだ当時1歳の妹と母親が家にいた。
瞬間的にあのオバサンがうちの妹を狙っている!と思った(何故そう思ったのかも不明)俺は走り出して急いで後をおいかけたが、角をまがってもオバサンの姿はなかった。

俺は
「妹があのオバサンに殺される!」
と泣きながら家に走って戻ったが、予想とは違い、家にはオバサンがおらず、妹はすやすや昼寝をしていて母が網の繕いをしていた。
急に泣きながら入ってきた俺に驚いた母は、事情を聞いた。
俺は見たままを母に伝えた。

母は驚いて、
「ちょっと待ってて」
と、青年団の団長のところにいった。
その後、青年団の団員が出て山の方を探したらしい。
結局、オバサンは山頂近くにある神社の裏で寝ていた(?気を失っていた?)らしい。



211:3/3@\(^o^)/[sage]2017/06/10(土)18:15:39.74ID:DnpRjUgB0.net
俺が直接見たのはその一度だけだったが、その前にも青年団が出たことがあるらしく、その後も何度かおばさんの捜索が行われた。
夏休みが終わると、その転校生はまたどこかへ転校していき、オバサンの捜索が行われることもなくなった。

以上。オチなしすまん。

ただ、今考えると、オバサンは何らかの脳の障害とか精神障害とかで、娘が他人との会話を拒否していたのも、脳の問題かそういう親をもった故の心の病気かなんかだったんだろうな、と思う。
でも、昔はそういうのを「狐憑き」と言っていたんだよな、多分。
あの人が何故うちの田舎にきたのか、どこにいったのかまったくわからんけどもしかしたら、どこにも居場所が無くて、田舎を転々としていたんかもしれん。

あと、娘さんも今生きていたら俺と同じ40代だけど、あんな親をもった娘さんがどんな人生を歩んだのか、考えるとちょっと怖い。



214:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/06/10(土)19:04:42.12ID:AXaJp/e6O.net
30年前8才だった頃の学校での事象を、そんな克明に記憶してるもんかね



215:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/06/10(土)19:14:23.79ID:DnpRjUgB0.net
学校で起きたことじゃなく、学校の近くの寺で苔とってるときに起きたことやで。
あんなインパクトあること、忘れられんわ。



216:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/06/10(土)19:35:47.32ID:boaYsvfhO.net
>>215
田舎への転地療養だったのかもしれないがその奥さんが病院か施設で穏やかに余生を過ごせたことを祈ろう



引用元:ほんのりと怖い話スレ 124
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1495421706/209-216




.




拍手[0回]




Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[06/28 七篠]
[06/28 NONAME]
[06/28 NONAME]

最新記事

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

Designed by 0x85ab.