忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

目の痛み

2010.06.20 (Sun) Category : 都市伝説・ジョーク系

439 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/20 09:20
私が厨房の時、受験で夜中まで勉強してると眠くなるので、いつもコーヒーに砂糖を5杯入れて飲んでいた。コーヒーを飲むと左眼に強烈な痛みが走るのだが眠気を吹き飛ばすため我慢して飲んでいた。
 
ある日もしかしてコーヒーが体に合わないのかと思いミルクティーに変えてみたが、相変わらず左眼に激しい痛みが走る。だが、牛乳やコーラを飲んでも左眼は何とも無かった。

どこか体がおかしくなったと思い眼科で診てもらうことにした。病院で一通り検査を受けたが左眼が鬱血してる以外、特におかしい所がなく、医者が曇った顔で私にもう少し詳しくコーヒーを飲んだ状況を説明してくれと言った。

私はコーヒーを飲む状況を事細かく、身振り手振りを交えて説明した。私が説明し終えると医者は自信に満ちた顔で原因が分かりましたと言い

「貴方はコーヒーに砂糖を入れた時スプーンをそのままして飲んでいませんか?」

と言った。
私はその言葉を聞いたとき後頭部を鈍器で殴られたように、しばし放心状態になった。

そうだそうだったんだ私はコーヒーを飲む時砂糖をスプーンで掻き混ぜて、そのままで飲んでいた。
左眼の激痛の原因がこんな単純なことだったとは、単純過ぎて気が付かなかった。

私はこの日の感動を忘れることが出来ず、同じ症状で苦しむ人々を救おうと思い、猛勉強の末、医大に入り現在は眼科医をしている。

毎日100人近く、往診に来るのだが私と同じ症状の患者はまだ一人もいない。
私が感じあの日の感動を与えてやるまで私は頑張る。


 




拍手[37回]

PR

古代遺跡

2010.04.28 (Wed) Category : 都市伝説・ジョーク系

215 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/31(金) 23:02:50 ID:2IiLb1wn0
信じようと、信じまいと-

古代遺跡には多くの謎が残されているがプレ・インカのサチュアマン遺跡も
そのひとつである。そこには硬い岩石の中に何キロにもわたって掘られた
トンネルや階段があるが身長1mの子供でも通るのがやっとの大きさである。
しかも小さい足跡で摩り減っており使用されていたのは確かなようだ。


 




拍手[1回]

自傷癖

2010.03.26 (Fri) Category : 都市伝説・ジョーク系

「・・・また血が流れてるね」
「そうね」

あたしには自傷癖があった。自分を傷つけて血を流し、安心する。
痛みと恐怖が、安心になった。
そして、またあいつが現れる。悪霊ってやつだろう。
あたしが傷をつけ、血を流すと現れる。

「舐めてほしい?」
同年代の女。いつもあたしを見下すような目をしていた。流れる血を舐める。傷にkissをする。
「好きにすれば」

「ふん・・・・ちゅ・・・・」
「んっ・・・・・」

誰もいない部屋。誰からも愛されず必要とされないあたし。
流れる赤い血に舌をのばし、傷に唇を這わすこいつは私の死神か。


「甘い」
「・・・・そう?」
「血は・・・止まったわ」
「・・・・そう」


ワンルームの狭い部屋の中、沈黙だけが漂う。
屈み込んだまま、あたしを見つめる・・・悪霊。
その顔に表情はなく、唇には血がついている。

「血は、とまったわ」
「・・・ふん。あ、ありがとうとでもいわれたいの?」
「いいたいの?」

白い肌、青みががった瞳。胸元にあるその顔は日本人とは思えず、あたしから見ても美しい。
「・・・いわない」
「そう」

そのまま、あたしたちは何もいわず見つめあった。
本当は知っている。こいつあたしが、傷をつけると現れる。
血を流すと現れる。血を止め、痛みがひくまで消えないって事を。

「何考えてるか、あてようか?」
青みがかった瞳が、あたしの心の奥まで見透かすように輝いた。
「・・・いい」
「そう?」

あたしはきっとまた自傷する。こいつが・・・現れるから


 




拍手[4回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[09/19 七篠]
[09/19 NONAME]
[09/19 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ