忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

五本のお姉さん

2012.08.28 (Tue) Category : 都市伝説・差別

27:本当にあった怖い名無し:2008/07/26(土) 21:13:41 ID:+x9pNfr20
親族にいつも物静かなおばさんがいるんだ が、一度だけ見世物小屋に小さい頃はいったことがあるって言ってた。

「五本」という看板がつけられた檻があっ て、(他にも檻はいくつかあったらしいけれど覚えていないらしい)そのなかで女の人がぽつんと座ってたんだと。

何が五本なのか分からなくて、覗き込んだ ら女の人の右腕の下(わき)辺りに、ちいさい何かがはえてた。
よく見たら手のような形をしていて、女の人は
「これは、動かせないのよ」
そう微笑んだんだって。

「どうして動かせないの?」
って聞くと
「ちゃんと成長しなかったからよ。」
微笑みながら話すその人が綺麗だったから、綺麗だねって言うと、ありがとうって言ってこっそり髪飾りくれたらしい。

お金は持ってた小遣い全部いれたんだっ て。
美人さんだったからまた会いたいなぁっておばさんは笑ってた。
髪飾りは捨てられちゃって残念だって言ってた。



54:本当にあった怖い名無し:2008/07/27(日) 11:11:38 ID:i+R+pF2L0
そうとすれば>>27の女の人もいやいやでは なく、仕事としていたのか?
ん?でも檻って書いてるしなぁ
見世物小屋だから雰囲気だすためにやってるのかな?



56:本当にあった怖い名無し:2008/07/27(日) 11:53:35 ID:6Zf6GgU9O
>>27 (ノд;)なんかせつないな


(ネットで拾った話)

(※暗さんからの投稿です。ありがとうございました)




 




拍手[5回]

PR

シナ人が日本乗っ取りに押し寄せてくる!

2012.05.23 (Wed) Category : 都市伝説・差別

1 名前:生姜糖  2012/05/17 (Thu) 01:20:53
オーストラリア人の実に4人に1人は移民だそうだ。そのうち大部分を中国人が占める。
さて伯仲する選挙では政権を手に入れるにはこの中国人の票が欠かせない。
本国中国の力を背景に中国移民はいわゆるキャスティング・ボードとなった。
そしてオーストラリアの政治をさえ左右できる力を持った。

オーストラリアが反日の理由、それはすでに中国がオーストラリアを乗っ取ったためである。
民主党が政権をとり、外国人参政権や大量移民受け入れ政策を実行に移そうとしているのでオーストラリアの二の舞になる恐れがあります。



(※生姜糖さんから掲示板に投稿いただきました。ありがとうございました。都市伝説だとは思いますが…)






 




拍手[6回]

罪食い

2011.05.03 (Tue) Category : 都市伝説・差別

130:じゅげむじゅげむ…:2011/04/29(金) 03:22:28.17 ID:S0VFJ5LS0

ちょっと嫌な話、ケルト民話「罪食い」の風習

村で死者が出た場合、故人の生前に犯した罪と業を請け負う「罪食い」と呼ばれる職業が存在した

死者は一晩家に置かねばならないが、その間悪霊が故人の体を乗っ取るのを防ぐため見張りを置かなければならない、が多くの人はこれを嫌がった

それを回避するため、死者に悪霊から身を守るため額に銀貨を乗せるのだが、この銀貨には負の呪いと生前に犯した罪と業が蓄積されていると考えられており、生者は絶対に触ってはいけないとされた

そこでコインの処理の為に罪食いと呼ばれる役目の人物を置くのだが大抵が旅人か浮浪者、どこからか連れてきた人間をこの役に据える

することは単純、コインをもらうだけなのだが、死者の額に置いてあるコインを口でとらなければならない
この際死者の罪は罪食いに乗り移る

コインはそのまま報酬となるのだが、正直あまりいい気がしない

>>130
日本でも、賤民と言われるような人たちはもともと、聖なる力でもってケガレをハラウ役目の人たちなんだよね

それが聖性を失うと、この罪食いの話みたいに卑しい仕事と見られるようになるし、それが社会階層として固定化されると、いわゆる部落差別ができあがる、と


(※白さんからの投稿です。ありがとうございました)


 




拍手[5回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[12/13 砕天]
[12/11 七篠]
[12/07 たかにゃんこ]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ